Processingで球体を書く
基本の関数を使うために記述。

今回、使用する関数

stroke();
rotateY();
sphere();
fill();  
stroke();
sphere();
filter(BLUR,n);

これらの関数を使って、下記のプログラムを書く
基本の動きを確認する。

Processingの記述

float a=0;
void setup(){
  size(600,600,P3D);
}

void draw(){
  noFill();
  strokeWeight(2);
  stroke(a-900,a,a*9,20);
  rotateY(20);
  sphere(a-50);
  fill(10,10);
  
  stroke(20,30,40,10);
  sphere(a-75);
  filter(BLUR,0.8);
  a+=1;
  /*saveFrame("frames/######.tif");*/
}

実行結果

Originally posted 2016-01-04 21:53:45.

関連記事