iQOSのニュース記事が1月にいろいろ紹介されていて、ちょっと知らない言葉がいろいろ出てきたので調べてみました。今後もこのページで紹介できればと思います。

Heat not Burn(ヒート ノット バーン)って?

「灰も出ず、においも少ない、本物のたばこの味わい」を楽しむことができる”ヒートノットバーン(heat-not-burn)技術”により、健康リスクが大幅に低減されるだけでなく「煙が出ず、灰が出ず、紙巻たばこ の煙に比べてにおいも少なくなっています」。

ここで出てくる 「Heat not Burn」(ヒート ノット バーン)とは燃やさずあたためる っということです。まぁiQOSのステックの事ですがほかにもCORE(コア)というたばこも試験的に販売されています。

記事を読んでみて。

面白かったのが電子タバコvsHeat not Burnの構図になっていること。
各メーカーJTを含めてHeat not Burn(ヒート ノット バーン)になっているのに対してインペリアルタバコは、このヒートノットバーン技術を使わずにに電子タバコに望みを託しているしい。健康のリスクはヒートノットバーンの方が高くて電子タバコなら健康に対するリスクを完全に排除できるという見解らしいけど実際の臨床結果が出ないと以前の電子たばこのようにわからない気がします。
※電子たばこに健康の害はないといいつつガンのリスクがあるという記事が出ていました。
参照:ガジェット通信

そこで思ったこと

当然、一番いいのは禁煙をすることこれが一番の健康へのリスク回避だと思います。
個人的には従来のたばこよりも体調は良くなったと思うしiQOSにして良かったと思います。

ただ、健康のことについては出たばかりのガジェットなので将来的な健康については確かに疑問に思います。
副流煙がないといいつつあったら怖いし、ちゃん使っていい喫煙所やカフェで使用するのが一番かなと。やっぱり冒頭にも書きましたが禁煙が結局が一番いいんでしょうね!
しかし、iQOSは日本だけじゃなくてイタリア、スイスで販売されているとは・・・






https://www.pmiscience.com/の引用和訳です。

「熱はないバーン」のコンセプトは、タバコを加熱するのではなく、それを燃焼していると、燃焼に伴う高温で生成された化合物の多くの形成を低減または排除します。
研究は、それが燃焼する際にタバコの煙中の有害と潜在的に有害な成分(HPHCs)の大部分は、タバコの熱破壊することによって形成されていることを示しました。 熱はないバーンは、したがって、現在の成人喫煙者のために許容できる感覚的経験を保持しながら、かなりの数およびタバコ製品によって生成されたHPHCsのレベルの両方を低下させる可能性を提供しています。

私たちのRRPのプラットフォーム1とプラットフォーム2の両方の熱ないバーン概念を使用しています。 プラットフォーム1はプラットフォーム2を押す炭素熱源を使用するのに対して、予め規定された温度にタバコを加熱するために速効型電子温度制御を適用します。
タバコの燃焼と燃焼 バーニングは熱[2]の同時リリースで、反応物質分子、すなわち、燃料と酸化剤は、生成物分子になるために混合し、再配置される特定の化学反応として定義され、燃焼の結果として起こります[3] [5] タバコが点灯しているときに、標準的な燃焼プロセスは、タバコで発生 タバコ(燃料)と空気中の酸素との組み合わせは、タバコを消費自立燃焼を発生させます。 研究者は、タバコの煙は、多くの異なるクラス[7]から7357の化合物が含まれていることを推定しました[3] [9] [3]燃焼したタバコの燃焼排出量の化学物質の主要なクラスのいくつかは、 [3]毒性と発がん性[3]幅広い科学的な合意がある[3] [12] 温度と燃焼との間のリンク パフの間に-、〜800℃〜600℃の間の温度は燃焼ゾーンの中心で発生するタバコの自然くすぶり期間中。

パフの間に、燃焼ゾーンの周辺で900以上の℃まで温度が上昇します。 煙の形成にタバコ結果の燃焼(化学物質の範囲を含む)、熱と灰。 下の画像はRRPプラットフォーム1の温度プロファイルと比較して、タバコの自立燃焼時点灯タバコにおける典型的な温度プロファイルを示しています。 比較温度プロファイル タバコの燃焼灰の関連する量の生産を終了、タバコ(揮発性燃焼とチャーの不均一な燃焼の両方)の完全燃焼の原因となる高温プロセスです。
灰は、電子的に加熱されたタバコ製品を用いて製造されていません。 熱はないバーン削減・リスク商品 プラットフォーム1の動作は、タバコの燃焼を生じないことを実証するために、我々は燃焼に特化した、外部の独立した上級学術の報告を依頼しました。 報告書は、プラットフォーム1の温度は、タバコのタバコロッドに到達する温度よりもはるかに低い(50〜250°Cと比較することを含む、燃焼は、様々な理由のためのプラットフォーム1で使用されるタバコスティックでは発生しないと結論付けました600-900°Cまで)。 私たちは、数のレベルを測定しているHPHCs 3R4Fに比べてプラットフォーム1と2の両方のプラットフォームのプロトタイプで生成します。 以下のグラフから分かるように、シガレットと比較した場合、測定された成分の全ては、実質的にプラットフォーム1および2に低減されます。

引用:https://www.pmiscience.com/platform-development/platform-portfolio/heat-not-burn

まぁ個人的にはiQOSに変えて歯のヤニと口臭が消えてすっきりしたし、匂いも取れていうことないのですが普通のたばこを吸っていても体調は悪くなるし、少々何かあってもiQOSを使いますけどね。

『ニコチン』について発がん性は?







Originally posted 2016-01-26 06:18:31.