スポンサーリンク

Processing 雑記

Generative Design: Visualize, Program, and Create with Processing

更新日:

Generative Design: Visualize, Program, and Create with Processing の和訳が2/22に発売されます!

待ちに待ったというか、やはり高い。10,584円はなかなか手が出ないんですが、『Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門』を購入し、約2か月。カバーが擦り切れるくらい持ち歩き読みました。そしてめちゃくちゃ役にたったんですが、ここからもう一歩先に行きたいと思うとGenerative Designを購入したいと思います。
作例はこんな感じデザインに魂を入れていきたいですね。
http://www.openprocessing.org/user/18615

ちなみにアマゾンレビューの和訳です。

この本は、ベテランプログラマがより多くを学ぶことができる強力な概念や興味深い実験をたくさん持っています。それからのほとんどは、あなた自身の好奇心と自己モチベーションを使用する必要があります取得するには、実際にそれが簡単に重要な概念を提示し、を通して掘る読者にそれを離れるとあまりステップバイステップの手順を提供していませんソースファイル(ブックのWebサイトからダウンロード可能な無料)とは異なる結果のパラメータを使って実験。generativelyあなたの創造性を刺激するためにそこにモーショングラフィックス、データの可視化、インスタレーションアートなど最も先進的な処理の本を生成する処理を使用して、誰のための優れたリファレンス仕事。

知識と無数の創造的なインスピレーションは、この美しくバウンドデザイン帳から茎。すべてのソースコードは大きなプラスである実験のために提供されています。さらに、ハルトムートBohnackerは、主著者はまた、同様に彼のウェブサイト上で自分自身の個人的な設計のためのソースコードをリリースします。座って、この本のすべてに精通して取得する時間の良い量を過ごす、あなたは時間がないあなた自身のユニークに計算した生成とインタラクティブなデザインを作成することになります。

仕事で、私たちは私たちの開発者がコードを使用して行うことができますどのようなクリエイティブを表示するために、中央のテーブルに開いたこの本を保ちます。私は時々ちょうどインスピレーションを探している時間のためにそれをめくっます。価格を無視して、それを買います。あなたはそれを後悔することは決してないだろう。

Generative Design ―Processingで切り拓く、デザインの新たな地平(仮)

早速、予約をポッチっとかな。ちなみに洋書版もありますよ!

スポンサーリンク

-Processing, 雑記
-,

Copyright© office606 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.