スポンサーリンク

Processing

Processingでのシュミレート

投稿日:

速度の方向の成分と速さの成分は、それぞれ別々に変更することができる。
速度の方向を変えると、跳ね返る動きをシュミレートできます。
0.3の値を持つacceleration変数は重力をシュミレートし、摩擦が徐々に速度を下げ、やがて跳ね返るのをやめます。

float x = 33.0;
float y = 5.0;
float veloctiy = 0.0;
float radius = 15.0;
float friction = 0.99;
float acceleration = 0.3;

void setup(){
  size(100,100);
  noStroke();
  ellipseMode(RADIUS);
}


void draw(){
  fill(0,12);
  rect(0,0,width,height);
  fill(255);
  veloctiy += acceleration;
  veloctiy *= friction;
  y += veloctiy;
  if(y>height-radius){
     y=height - radius;
     veloctiy = -veloctiy;
  }
  ellipse(x,y,radius,radius);
}

Originally posted 2015-11-18 00:15:25.

スポンサーリンク

-Processing
-,

Copyright© office606 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.